水道の排水管の修理を最小限に抑える工夫

水道の排水管の修理を最小限に抑える工夫 水道は生活の上で欠かせない設備ですが、毎日使い続けると、確実に排水管や水道管は劣化は進んでいきます。破損する時期は使用頻度や年数によって変わってきますが、おおよそ10年から15年と言われています。使用頻度が多ければ多いほど寿命も短くなり、劣化も早くなります。基本的に劣化を防ぐことはできません。そのため長く使うほど破損やひび割れを起こすなどして、排水管 水漏れにつながります。しかし、排水管は目には見えないため劣化の進み具合は確認できません。ここでは排水管の劣化の予兆や排水管をより長持ちさせる方法を紹介します。

■排水管の主な役割

私たちは生活している中でさまざまな場所で水を使用しています。環境省のデータによると、成人が1日に使用する水の量は約250Lと言われています。水資源が豊富な日本では何不自由なく綺麗な水が使えます。排水管は主にお風呂やキッチン、洗面台で使用した汚水などの生活排水を下水道へ流す役目を担っています。排水管には洗濯したときの洗剤や汚れ、キッチンのシンクから流れ出た食べかすや油なども水と一緒に流れます。そのため、流れ出た汚れが時間をかけて排水管内に蓄積されていきます。この汚れが溜まり、それが原因で詰まりが生じ、水の流れが悪くなります。そうなると、水漏れをはじめとしてさまざまなリスクを高めます。

■排水管のトラブルの予兆を知る
毎日の生活排水が流れ込んだ排水管が詰まり始めると、さまざまな水のトラブルを引き起こします。実際に排水管 水漏れが起こってからでは修理の費用も工事時間も莫大にかかってしまいます。それを防ぐためにもトラブルの予兆を知っておくのは大切で、早めに修理を依頼すると、最小限の費用と部品交換などの対応で済ませることができます。
主な予兆としては、どこかに詰まりが生じたりすると異音がします。水道で水を流したときにスムーズに流れず押し返すような音がする時があります。排水管が完全に詰まってしまうと水が逆流してきます。そうなる前に対処するようにしましょう。
また、ポタポタ水漏れも予兆の1つです。シンクの下の配管や洗面台の下の配管に異常があると湿気が多くなり、カビが発生しやすくなります。その場合にはひびや亀裂が入っている可能性があります。この状態を放置しておくとひび割れや亀裂がひろがり、本格的な水漏れを起こします。

■排水管を良好な状態で保つためにできること

排水管の劣化を進めないためには、日々の生活の中での工夫が必要です。排水管 水漏れは調理で出たごみやお風呂場の髪の毛などが蓄積されて詰まると発生のリスクが高まります。そのため汚れを直接流さないことが大切です。キッチンではキッチンネットを利用したり、お風呂では髪の毛を流さないようにフィルターを装着するなどの工夫をすると、排水管に流れる汚れを最小限にできます。
さらに、流さない工夫と同じように、定期的な掃除は必要です。ドラックストアでも購入可能なパイプクリーナーで定期的に清掃すると、きれいな状態を維持できます。1か月に1度のペースで清掃が目安と言われています。そうすることで汚れの蓄積を防ぎ、トラブルを未然に防げます。水道は毎日使用するものなので、日々の少しの工夫が大切です。

■まとめ
排水管はどんなに丈夫な素材を使用していても、使い続けると必ず劣化していきます。劣化の原因は洗濯やお風呂、キッチンで出るさまざななごみや生活排水です。その毎日流れる汚れが蓄積されることで劣化していきます。しかし、日々の生活の中でのちょっとした工夫で排水管を長持ちさせることができます。排水管が劣化することは、家中の水回りのトラブルを発生させる原因にもなるため、日常生活の中で排水管の状態を維持することが重要なポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース